生前見積もりは必要か?

葬儀社から生前見積もりは取っておくべきか?

見積もりイメージ

生前に見積もりを取る方が増えてきています。

近年ではエンディングノートや、ご自身で「こういう葬儀をしてほしい」とご希望を残す方も増えています。

葬儀は突然訪れるものです。

金銭的な部分も含めて、一般的に葬儀と深く接する機会などあまりないですから、不安な部分が多いと思います。

また、最近では葬儀プランでセット価格を提示している葬儀社もネットでは増えてきていますが、あなたが喪主や親族として葬儀を執り行なった場合に費用はいくら掛かるか?

葬儀プランだけでは不透明な部分もあります。

多くの場合、葬儀プラン以上の費用がかかります。

生前見積もりを取った方が良い理由

生前見積もりを取った方が良い理由としては、ホームページを見たり「有名だから」という理由で葬儀を依頼した場合、葬儀を依頼してから葬儀社の人間と初対面になります。

依頼して駆けつけた葬儀社に対して不満や疑問を感じても、話が進んでしまっては「やっぱり別の葬儀社にお願いする」というのは現実的に無理な話になります。

もちろん良心的な葬儀社が多いと思いますが、
事前に話を聞いて、コチラの要望を伝えた上で依頼する方が安心感も高いでしょう。

そして、生前見積もりを取った方が良い理由としてはもう一つあります。
こちらにポイントをまとめてありますので、ご覧になってみて下さい。

【関連記事】
→葬儀屋の選び方と、見るべきポイント「生前見積もりを取ってくれないところは避けた方が良い」

生前見積もりで何を聞くか?

当然ですが、生前見積もりを依頼するにあたり、葬儀社に出向くなりして葬儀担当者と話をする事になりますから、プロのアドバイスのもと見積もりを作成する事になるので事前に質問を用意する必要はないかもしれませんが、慣れないことと思いますので、ある程度聞くことは事前に用意していくと良いかもしれませんね。

家族葬でするか一般の葬儀で執り行なうか。
葬儀費用面や斎場の大きさなど、葬儀プランで大きく違ってきますのでどちらで執り行なうかは事前に決めておきましょう。

【関連記事】
→葬儀と家族葬の実費で掛かる費用の違いについて

お付き合いのある寺院や宗教者がいるか
古くから檀家であったり、お付き合いのある寺院や宗教者がいる場合は、その旨を伝え、そういった付き合いがない場合は、葬儀社で紹介してもらいましょう。
宗派や寺院によってお布施の金額に違いがありますから、費用面で希望がある場合はその旨も伝えて相談するのがポイントです。
無宗教葬の場合は必要ありません。

親族の人数を把握しておく
喪主さんの家族を含め、葬儀に参列される親族の人数を把握しておきましょう。
親族の人数で葬儀期間中の飲食に掛かる費用が大きく変わってきます。

一般会葬者のおおよその人数を把握しておく
ご近所や仕事関係、または友人など一般の葬儀を行う場合、斎場の大きさが変わってきますから参列される事が予想されるおおよその人数を想定しておきましょう。

このあたりのポイントを抑えておくと、スムーズに生前見積もりが作成できる事でしょう。



【タグ:”‘】



トップに戻る↑