お寺との付き合いがないとき、葬儀社に紹介してもらう際に確認すべきこと

寺院との付き合いがない場合、どこの葬儀社も紹介してくれるのか?

お布施の袋

葬儀を執り行なう際、多くの場合仏式で執り行なうことになるので、(日本のお葬式では約9割近くが仏教と言われています)宗教者にお経を上げて頂く事になります。

先祖代々、決まったお寺にお願いしていたり檀家だったり、というケース以外は、葬儀を執り行なう際にお願いするお坊さんを決める事になるでしょう。

お寺との付き合いがなく、紹介してもらうケースは多い

「家はお寺との付き合いがないし…」
「そもそも宗派が分からない」

という方も多く、
そういった場合の多くが葬儀社にお寺を紹介してもらうケースが多いです。

葬儀社は、日々葬儀を執り行なっている関係から様々な寺院と付き合いがあり、紹介する事が可能ですので、葬儀社に紹介してもらう事に対しては何の問題もありません。

紹介してもらう際は、料金なども含めて要望を伝える事。

寺院を紹介してもらう際は、お布施の料金の希望や戒名のあり・なし、そして四十九日や一周忌、三回忌とお付き合いを続けていく事も踏まえて近いほうが良いとか、最近でしたら、お墓ではなく納骨堂に納めるケースも増えてきています。

納骨堂を持つ寺院もありますから、そういった兼ね合いでもお付き合いを続けやすい寺院を紹介してもらうと良いでしょう。

宗旨・宗派によって相場が違う

寺院へのお布施の金額は、寺院によってマチマチな部分もありますが、宗派によっても相場は違います。

北海道に比較的多い浄土真宗(門徒)は他の宗派により比較的低額の傾向にあります。(一概には言えませんが)

またお葬式の場合は、僧侶が一人、二人、三人と増えればそれだけお布施の額も増える傾向にあります。

ただし、道内でも地方に行くと地元にその宗派の寺院が一つしかないとか、遠方から読経に来て頂かなければならないなど選択肢がないケースもあるでしょう。

寺院によっても違う

お布施に開きがあるのは「うちはいくらです。」という寺院もあれば、「お気持ちで結構です」という寺院もあるという事が、少なからず関係していると思います。

もちろん、その寺院の歴史や格なども。

前述した浄土真宗のケースだと、お通夜・葬儀含め10万円~読経を行ってくれる寺院もありますが、この辺の金額はあくまで寺院によりますし、逆に「お気持ちで結構です」と言って頂けても最低限という考えが10万円程度からということになります。

これは、北海道というより札幌の相場と考えたほうが良いかもしれません。
また、檀家だと事前に取り決めがあってもっと高くなるケースはありますし、戒名を頂くと+αがあるケースもあります。

なので葬儀を依頼した際のお布施が20万・30万でもそれが高いとは一概には言えないということにもなりますから、やはり寺院とのお付き合いのない場合は、お布施の料金や戒名のあり・なしなどこちらの希望を葬儀社に伝えて信頼の置ける寺院を紹介してもらうのが安心でしょう。

葬儀社に紹介してもらうと高くならない!?

葬儀社に寺院を紹介してもらおうかと考えている方の中には、「実は紹介料や仲介料を取ってる葬儀社もあるんじゃないの?」とかんぐる方もいらっしゃるでしょう。

・・・その考えは鋭いです。苦笑

とは言っても、どの葬儀社もそういう訳ではありません。
私自身も、噂で耳にしたことはありますがごく少数だと思いますし、現実的に沢山葬儀を行っている葬儀社でなければそういったことは難しいでしょうし。

それに実際、親身になって良心的な価格で執り行なう葬儀社は沢山あります。

葬儀社の大小に関わらず、ホームページなどをご覧になって信頼できそうな葬儀社選びが大切です。



【タグ:”‘】



トップに戻る↑