無宗教葬とは

無宗教葬とは従来の葬儀と具体的に何が違う?

花

最近では仕来りや形式にとらわれずに、色々な葬儀が執り行なわれるようになっていますが、

その中でも増えてきていると言われているのが無宗教葬、または自由葬です。

また、音楽葬やお別れ会という形で執り行なうケースもあります。

でも、そもそも無宗教葬と言っても何をどうしたら良いの?

普通の葬儀と具体的に何が違うの?

と、お感じの方も多いかと思いますので、簡単に違いを説明したいと思います。

無宗教なので、お経は頂きません。

無宗教葬を希望されているのに、お坊さんに来てもらってお経をあげてもらいたいという方も、時どきいらっしゃいますが、無宗教なので、基本的に宗教者への依頼は不要となります。

なので、お経もなければお布施も不要となります。

したがって、戒名や法名もありません。

無宗教での葬儀ではどういう送り方をするのか

無宗教葬、または自由葬とも言われる事がありますが、生前故人が好きだった音楽を流しながら偲ぶという形や、お花が好きだった方はお花で棺の周りを飾ったり、献花で偲ぶというような形になります。

基本的に決まった形式や宗教的な仕来りは特に何もせず、

お花を手向ける形や、焼香のみだったり故人の意思を尊重して黙祷にて静かに送るなど、様々な送り方があります。

お通夜=偲ぶ会(しのぶかい)

お葬式=お別れ会

として営むケースが一般的です。

お経を頂くこともなく、説法もないので葬儀の時間も短い傾向にあります。

無宗教で葬儀をするなら知っておくべきこと。

無宗教で葬儀を執り行う場合、お経もなく法名や戒名も頂きません。
なので、初七日や四十九日、一周忌、三回忌とお寺さんにお経をあげて頂くことも基本的にはありません。

何故、こんなことを言うかというと、葬儀は無宗教葬であげたけど一周忌などは一般的な仏式で法事を行う事を考える方がすくなからずいるからです。

仏教の考え方では、亡くなった人があの世に旅立つ際に授かる名前が法名だったり戒名なのです。(宗派によって呼び名が違います)

簡単に言うと、
お亡くなりになった方に戒名を授けて、その戒名に対して供養するのがお経です。

生前の名前(いわゆる俗名)に対してお経をあげるものではないのです。

この辺は、お寺さんそれぞれの考え方によりますので、「お経だけならあげますよ」という寺院もあり全ての寺院が断るとは限りませんが…
無宗教葬を執り行ううえで覚えておきたいのは
「今後お経は頂きません」という考えで執り行うのが本来の無宗教葬のカタチで大前提の考えとなります。

無宗教葬を執り行なうなら

葬儀だけでなくその後の供養のカタチも含め、葬儀社へ事前に相談する事をおすすめします。

基本的に決まった形式があるわけではなく、

どういう葬儀にするかは

故人や喪主さん、家族の意向が大事です。

無宗教葬は全体的にまだまだ少ないと言っても、ほとんどの葬儀社は経験している事ですので、事前にどういった葬儀を行いたいかを相談しておくと、スムーズに事が運ぶでしょう。

もしものとき電話で依頼して、いざ見積もりとなったときに、「無宗教そうで執り行ないたい」ということでも無理ではないですが、細かな希望や要望に沿った満足いく形になるかは要望にもよりますし、葬儀社の対応にもよりますから満足度を最大限高める事は難しくなる可能性があります。

無宗教葬というのはある意味、こだわりや独自のスタイルを貫く形になると思いますので、事前に相談することをおすすめします。



【タグ:”‘】



トップに戻る↑