直葬プランの違いや葬儀社の選び方

火葬のみの直葬とはどういうもの?葬儀社によって違いある?

棺の上に手向けた花束

火葬のみで行う、いわゆる直葬ですが、近年では格安で対応してくれる葬儀社も増えています。

ただ、格安といっても10万前後の費用は必要になりますので、

実はあまり知られていない「直葬・火葬」で行う場合の葬儀社の選び方やプランの内容の違いなどお伝えしたいと思います。

火葬のみとはどういう葬儀なのか。

家族葬や一般的な葬儀のほか、直葬(または火葬)プランというのがほとんどの葬儀社で用意されています。

直送や火葬というのはどういうものかというと、

遺体を棺に納めて、火葬場へ直行するというものです。

直接火葬場へ行く、形式だった葬儀をせずに火葬のみを行うという事で、直葬、または火葬といわれています。

直葬はどのような方に選ばれていますか?

  • 金銭的に葬儀をあげることが難しい方
  • 身寄りがなく、葬儀はあげない方
  • 生前の故人の意向で式はあげない方
  • 亡くなった地域で火葬して、地元に帰って葬儀をあげる方

近年では葬儀の形は多様化していますし、考え方も人それぞれです。

傾向としては、
金銭的理由の方が多いのは確かですが、理由はそれだけではありません。

直葬(または火葬)プランに葬儀社による違いや選び方ってありますか?

直葬や火葬プランというのは、格安というイメージですが、

葬儀社によって違いがありますので、その「違いの理由」を知ると選び方がわかると思いますので、ご紹介します。

結論から申し上げると、「2つのプランが用意されている」かどうかです。

火葬プランが2つあるのは法律が関係している

直葬(または火葬)プランが2つ用意されているかどうかですが、

何故、2つ用意されているかというと法律が関係しています。

法律上、死亡と診断された日時から24時間経過しなければ火葬できません。

なので、
死亡診断書に記載される日時が「今日の10時」であれば、火葬場へは「翌日の10時以降」となります。

警察の検案や病理解剖、死亡してから数日経過している場合など、死亡後24時間以上経過している場合は、その日のうちに火葬場へ行けるわけです。

因みに、
孤独死の場合などは、死亡診断書に「“推定”死亡日時」と記載されます。

2日前や3日前と推定された場合は、当然ですが24時間以上経過していると判断します。

あなたが直葬(または火葬)を選ぶならどの葬儀社を選ぶべきかわかります。

法律の関係上、「死亡診断日時」から24時間経過していない場合は、自宅や安置施設で1泊して翌日火葬場へと向かうことになりますので、

その日のうちに火葬場へ向かえる場合と、
1泊して翌日火葬場へ向かう場合とでは

  • 遺体の搬送が1回増える。
  • 腐敗を防ぐ為のドライアイス
  • 安置施設を利用する場合の費用

違いがあるのです。

病院で最期を迎えた場合は、同日に葬儀社を手配するので火葬は早くとも翌日ということになります。

ただし、それ以外のケース(警察所預りや自宅で孤独死の場合)では、葬儀社を手配したときすでに24時間経過している場合もあります。

したがって、後者のケースに該当する場合は、

同じ直葬・火葬でも2つのプランが用意されているのが好ましいでしょう。

札幌市の傾向で言えば、

2つのプランが用意されている葬儀社は
6~7万と、10万前後

直葬プランが一つの葬儀社は
10万前後のみ

という設定金額がほとんどのようです。

孤独死で発見されるまで時間が経っていたり、検案などで時間が経過している場合は、葬儀社へ連絡してその日のうちに火葬場へ向かうケースは少なくありません。

そのような場合、費用面でも対応できるのが火葬・直葬のみのプランでも2つの設定が用意されている葬儀社と言えます。



【タグ:”‘】



トップに戻る↑