お葬式の座席、着席位置について

お葬式で座る場所に決まりはあるの?身内、友人などの座席位置

祭壇を正面にした葬儀場の写真

友人や知人、またはその親の葬儀など一般会葬者としてお葬式に参列した際、

葬儀会場で、どこに座ったら良いか迷われた経験はありませんか?

座る席が限られている際は例外として、一般的に故人との関係によって座る位置が決まっていますので、基礎知識として参考にして頂ければと思います。

故人との関係で右か左に分かれる

図解。お葬式での親族席と一般会葬者席の座り位置

祭壇を正面に見て

左側が一般参列者

右が親族

となります。

一般参列者で席が埋まっている場合は、親族側の後ろに座る場合もあります。

基本的に宗派など関係なくこのようになっており、
右最前列の中央側に喪主さんが座り、
左最前列の中央側が葬儀委員長となります。
(葬儀委員長がいる場合)

家族葬の場合は特に決まりがない場合も

ごく限られた人数で執り行なわれる家族葬の場合はこの限りではありません。

一般の会葬者を招かず、座席の配列も葬儀社や斎場によっても異なりますので、葬儀社の指示に従って着席する形になります。

お焼香の順序について

因みに、式中お坊さんのお経の最中にお焼香しますが、特に札幌では焼香台を回します。

その場合は、着席したまま回ってきた焼香台に焼香して隣の方に回します。



【タグ:”‘】



トップに戻る↑